平成29年度九州ブロックスポーツ少年団リーダー研究大会の報告を掲載しました


 10月21日~22日にかけて、大分市立のつはる少年自然の家において「平成29年度九州ブロックスポーツ少年団リーダー研究大会」が開催され、九州各県のスポーツ少年団リーダー会から20名を越えるリーダー・指導者にご参加いただきました。

 九州各県リーダー会関係者の相互研究を通じた資質向上を目的に、「ACP(アクティブチャイルドプログラム)の効果的活用について」をテーマに、講義や実践を行いました。

 特に分散会・全体会では、参加者同士での活発な意見交換が行われました。分散会①では60分間のACP活動を想定した指導案を作成しました。分散会②では他班が作成した指導案を読み取りながら20分間の活動の指導案に編集し、更にそれを全体会で実践しました。この困難な課題に参加した各リーダーは初対面など関係なく、各県リーダー会で培われてきた知識や技術を伝えながら団結して取り組みました。

 今回の研究大会が、九州各県のリーダー会発展とリーダー達の資質向上に繋がることを期待しています。

 下記に、各班で作成した指導案と活動の様子を掲載します。ご参加いただきました各県の皆様、ありがとうございました。

 

開催要項・日程表

 

〈指導案〉

【テーマ1:スポーツ少年団(サッカー女子)の練習前のレクリエーション】

      ○テーマ1:60分          ●テーマ1:20分

【テーマ2:スポーツ少年団(軟式野球)の練習前のレクリエーション】

      ○テーマ2:60分          ●テーマ2:20分

【テーマ3:各県で開催するスポーツ少年団ジュニアリーダースクールでの交流会】

      ○テーマ3:60分          ●テーマ3:20分

【テーマ4:幼稚園の年少を対象とした運動遊び】

      ○テーマ4:60分          ●テーマ4:20分

【テーマ5:小学校児童育成クラブでのレクリエーション】

      ○テーマ5:60分          ●テーマ5:20分

〈活動の様子〉

開会行事であいさつを述べる、大分県スポーツ少年団 牧和志 本部長

講義をご担当してくださった、佐賀県スポーツ少年団 畑瀬博幸 先生

実技をご担当してくださった、佐賀県スポーツ少年団リーダー会 田中孝平 先生