公益財団法人大分県体育協会スポーツ医科学委員会規程

(設 置)
第1条 公益財団法人大分県体育協会(以下「本会」という。)定款第38条の規定に基づき、「スポーツ医科学委員会」(以下「委員会」という。)を設ける。

 

(目 的)
第2条 この委員会は、スポーツ医学・科学に関する研究を行い、県民のスポーツ振興に寄与することを目的とする。

 

(事 業)
第3条 この委員会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
⑴ スポーツ振興に関する医科学的調査研究
⑵ 競技力向上に関する科学的研究
⑶ 競技者の健康管理
⑷ その他前条の目的達成のために必要な事業

 

(委 員)
第4条 この委員会は、本会会長の委嘱する次の委員をもって構成する。
⑴ 本会の関係理事           若干名
⑵ 行政機関の代表           若干名
⑶ スポーツ医科学に関する学識経験者  若干名

 

(役 員)
第5条 この委員会に、次の役員をおく。
⑴ 委員長   1名
⑵ 副委員長   若干名
第6条 委員長は、委員の中から本会会長が指名し、委嘱する。
2 副委員長は、委員長が委員会に諮って委員の中から選任する。
第7条 委員長は、委員会を代表し、委員会の会務を掌理する。
2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代行する。

 

(任 期)
第8条 委員及び役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

 

(委員会)
第9条 委員会は、必要に応じて委員長が招集し、その議長となる。
第10条 委員会の議事は、出席委員の過半数で決定する。可否同数の場合は、議長がこれを決定する。
2 緊急を要するため、委員会に付議することが困難な場合は、委員長が処理することができる。ただし、この場合においては、次回の委員会に報告するものとする。

 

(専門部及び委託)
第11条 この委員会は、必要に応じて専門部会を設置することができる。
2 専門部会の決定事項は、委員会の承認を得なければならない。
3 専門部会の規定は、委員会が別に定めることができる。
第12条 委員会は、研究を進めるため、関係機関及び専門職員等に研究を委託することができる。

 

(規程の変更)
第13条 この規程は、委員会において委員現在数の3分の2以上の同意を得たのち、理事会の議決を経て変更することができる。

 

附 則
この規程は、平成23年5月20日から施行する。